時々iPhoneのアプリ配置をリセットして本当に必要なアプリだけを残すとスッキリする

スマホのアプリって意外と使ってないものが多かったりしますよね。

アプリの配置をリセットすると

  • フォルダ構成もリセットされ、埋もれてたアプリが表に出てくる
  • 意外と多くのアプリを入れていることに気づく
  • 一つ一つ必要かどうか判断できる

のでスッキリしていいですよ。

年末年始の大掃除の一環としてやってみてはどうでしょうか。

アプリ自体は削除されずに、あくまで配置だけがデフォルトに戻るだけなので安心です。

iPhoneのアプリ配置をデフォルトにする手順

設定アプリから「一般」→「リセット」をタップ

「ホーム画面のレイアウトをリセット」→確認メッセージ

工場出荷時のデフォルト状態になるって言われるとデフォルトアプリ以外消されるかと思いますが、インストールしたアプリはそのまま残ります。

特に完了メッセージもなにもないので、何回か押しちゃいました。

すっきり

リセットすると初期の配置になり、すっきりします。

インストール済みのアプリは消えずに、2枚目のパネルから並びます。

標準アプリ以外は名前順に並ぶ

その他のアプリはアルファベット、カタカナ・ひらがな、漢字の順で並ぶようです。

下の固定アプリもデフォルトに戻る

個人的にはここはそのままにしておいて欲しかった。

フォルダは便利ツールフォルダだけ作られ他は全て解除される

フォルダも全部解除されてアプリ達はバラバラになります。

ただ、便利ツールフォルダだけは作成されました。中にはボイスメモ、計測、計算機、コンパスが入れられます。

壁紙は変わらない

壁紙はリセットされず、今設定しているままです。