MacBookのデフォルトブラウザをSafariからChromeに変えた

MacBook Air のデフォルトブラウザをSafariからGoogle Chrome に変えました。

僕の中のブラウザ戦争は定期的に起こっていて、これまではIEから始まり、FireFox、Opera、Edgeなんかも使ってきました。

最近はSafariを使ってみてたんですが、結局Chromeに落ち着きました。

拡張機能の動きがおかしい

普通にネットを見るぐらいならSafariに不満はなくて、むしろSafariの方がメモリ食わないし、シンプルで好きです。

拡張機能も使いたいやつはほとんど対応してました。

ただ一部の拡張機能の動きがおかしい。

例えば、これがないと生きていけないぐらい使い込んでる、パスワード管理ツールの『Last Pass』

アカウント登録してあるサイトのログイン画面で、IDとパスワードを自動で入力してくれる拡張機能です。

ID、パスワードの自動入力は問題なく動いてくれるんですけど、Safariだと自動入力した後にURL欄が選択状態になるんですよね。

Chromeだと自動入力した後Enter でも押せばそのままログインできるんですけど、Safariだと自動入力した後にワンクッション必要です。うーん、めんどくさい。

他にも、今見ているWebサイトでどういう技術が使われているか判別する拡張機能もChrome版の方がちゃんと調べてくれます。

やっぱ拡張機能だとChromeですね。

iPhoneで今見ているページをMacで開く「Handoff」機能も使える

MacBook Air のデフォルトブラウザをChromeに設定しても、iPhoneで見ているページをMacに引き継ぐ機能がちゃんと使えます。

  • iPhoneのSafariで見ているページをMacに引き継ぐ
  • iPhoneのChromeで見ているページをMacに引き継ぐ

の両方大丈夫でした。

拡張機能たのしいなあ

Chromeの拡張機能はほんと多くて楽しいですね。入れまくって遊んでます。

逆に拡張機能なんて使わないって人はSafariの方がメモリも使わないし、バッテリーの減りも少ないし、シンプルで使いやすくて良いと思います。

Apple社は個人情報やプライバシーの保護がしっかりしている印象だし。