【拡張機能使わない】MacのSafariで開いているWebページをChromeで開きなおす方法

Macに標準搭載されているSafariで見ているページをChromeで開きたいときはないですか?

Safariはシンプルでメモリ使用量も少なく、普段のネット閲覧にはSafariを愛用しています。

ただ、Chromeの方が拡張機能や開発者ツールが充実していたり、ページによっては「推奨ブラウザはChromeです」みたいに指定されてしまいます。

Safariでブラウザ中、Chromeにしてくれと言われる。

いちいちURLをコピーして、Chromeを起動して、貼り付け ってするのは面倒です。SafariとChromeに入れる拡張機能を使う手もありますが、SafariからChromeを開くだけなら標準機能で事足ります。

ちなみに、SafariからChromeだけでなく、Firefoxなども起動できます。

Chromeはインストールされている前提です。

1、Safariに「開発」メニューを表示させる

まずはSafariに「開発」メニューを表示させましょう。

Safariの「環境設定」→「詳細」→「メニューバーに開発メニューを表示」のチェックをONにします。

これで、Safariのメニューに「開発」が表示されました。

2、見ているページをChromeで開く

メニューの「開発」から「ページをこのアプリケーションで開く」→「Google Chrome」を選択します。

これで、Chromeが起動し、Safariで見ていたページが表示されました。

今度からは「開発」メニューは表示されたままになるので楽チンです。

Evernoteで起動もあるんですが、「予期せぬ理由で終了しました」と表示されてEvernoteアプリが落ちますね。自分の環境だけなのかな。