【エックスサーバー】2つ目のWordPressサイトを作ってみた【お名前.com】

当ブログはエックスサーバーで運営しています。

ちょっと思いつきでもう一つWordPressでサイトを作ってエックスサーバーに登録してみることにしました。

このブログと同じで、ドメインは「お名前.com」、レンタルサーバーは「エックスサーバー」を使いました!

お名前.comで独自ドメインを取得する

とりあえず、お名前.com にアクセスして欲しいドメイン名を打ち込んでみます。

ドメインはこのブログでいうところの「takapiroblog.com」の部分です。

よくインターネット上の住所とか言われたりしますね。

サイトのタイトルは後から何回でも変更できますが、ドメイン名は変更できません。

自分の作りたいサイトやブログに合ったドメインを考えましょう。テキトーに作ると後悔しそうです…

ドメインを取得できるサービスはいくつかあるんですが、1番有名で前も使った「お名前.com」にしました。

独自ドメインの世界は早い者勝ちなので、希望のドメインが取得できるかは微妙なところ。とりあえず、お名前.comのサイトに欲しいドメイン名を打ち込んで検索してみましょう。

「.com」とか「.net」とかで年間の利用料が違ってきます。安そうに見えても2年目から高くなるとかあるので、有名どころが無難な気がします。

よく見かけて有名で安心なのは「.com」「.net」「.jp」あたりでしょう。今回も「.com」を選択しました。

「.co.jp」は会社、「.org」は政府機関のイメージです。

ところで「.inc」だけ216,000円て凄い高いですね(笑)

whois情報公開のメール転送サービスなるものがありますが、調べてみると特に必要なさそうなのでチェックOFFで。

エックスサーバーで2つ目のドメインを設定する

エックスサーバーのサーバーパネルに行くと、ドメイン設定という項目があるので、選択します。

 

ドメイン設定追加タブを選択して、先ほど取得したドメインを入力します。

独自SSLを設定する

ドメインを追加した時に「無料独自SSLの設定に失敗しました」と警告がでた場合は、SSLの設定もしておきます。

サーバーパネルの「SSL設定」をクリックして、対象のドメインを選択します。

「独自SSL設定追加」タブを選択し、特に何も変更せずに「追加」をクリック。

これだけです。設定の反映には最大で1時間かかります。特に気にしなくていいかな。

ネームサーバーを設定する

次はネームサーバー(DNS)を変更します。

お名前.comにログインします。

ドメイン一覧のタブをクリックすると、取得したドメインが表形式で一覧表示されています。1番右のネームサーバー列の「変更する」をクリックします。

「他のネームサーバーを利用」タブを選択して、プライマリネームサーバー、セカンダリネームサーバー、、、に以下を設定します。

ns1.xserver.jp

ns2.xserver.jp

ns3.xserver.jp

ns4.xserver.jp

ns5.xserver.jp

エックスサーバーにWordPressをインストールする

もうちょっとで終わりです!またエックスサーバーのサーバーパネルに戻ります。

エックスサーバーのサーバーパネルにある「WordPress簡単インストール」をクリックして、追加したドメインを選択します。

 

・サイトURL:そのままでOK

・ブログ名:サイトのタイトル(後から変更できます)

・ユーザー名:ログインする時のユーザー名、自分の好きなやつを

・パスワード:ログインする時のパスワード、忘れないように

・メールアドレス:自分のメールアドレス

・キャッシュ自動削除:そのまま

・データベース:そのまま

あとは、確認する、インストールと進みます。

インストールが完了すると管理画面のログインURLなどが表示されるので、メモしておきます。

エックスサーバーに2つのWordPressサイトが登録される

サーバーパネルを確認すると、ドメインが2つ、MySQLが2つになってるかと思います。

MySQLはデータベースのことです。

これで、エックスサーバーに2つのWordPressサイトが登録されました!

最初にやっておくと良さそうな設定をする

せっかくなので、WordPressサイトを作ったら最初にやっとくべき設定も済ませておきます。

http からhttps へ変更する

WordPressサイトのダッシュボード(管理画面)にログインします。

ログインURLは先ほどメモした画面にあるURLです。

「設定」の「一般」をクリックします。

URLが書いている2ヶ所を「http」から「https」に変更して(sをつける)「変更を保存」をクリック。

URLリダイレクトの設定をする

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

上のURLでログインできなかったら、ここからログインして、「サーバー管理」をクリック。

「.htaccess編集」をクリックして、対象のドメインを選択します。

「.htaccess編集」タブを選択して、何やらいろいろとコードが書いてある箇所の1番上にこのコードを追加します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

 

追加したらこんな感じになるかと思います。その後、確認画面に進む、実行するで完了です。

できたら1度「http://」で始まるURLでサイトに飛べるか確認した方がいいかも。

勝手に「https://」で始まるURLにアクセスできていればOKです。

パーマリンクを設定する

投稿する記事のURLを自分のわかりやすいものに設定できるようにしておきます。

「設定」の「パーマリンク設定」をクリックします。

「カスタム構成」を選択して、 /%postname%/ となるようにして、変更を保存をクリック。

ひとまず完了!

これで2つ目のサイトを作って、インターネットに公開することができました。

後はテーマを設定したり、プラグインを追加しなきゃいけないですけど、ひとまずは完了です。

最初にWordPressサイトを作った時は、デフォルトのテーマってサボテンのやつだったと思うんですけど、今はもっとシンプルなやつになってるんですね。

 

エックスサーバーには最大50個までWordPressサイトが登録できるみたいですね。さすがにそんなに使わないと思うけど意外と簡単にできました。

ちょっとめんどくさかったけど慣れたらサクサクやれそうです。