税務署で確定申告|3時間立ちっぱなし

土曜日に税務署で確定申告してきました。

今回で2回目の確定申告ですが、1回目は税理士さんに手伝ってもらってました。

完全ひとりは今回が初めてです。

クラウド確定申告ソフトで申告書を作成して、印刷してたんですけど、これで合ってるのか不安すぎて「相談コーナー」へ行くことにしました。

相談コーナーで申告書を見てもらうとミスが発覚。失敗しました。

再作成するならパソコンでの作成コーナーに行ってくれとのこと。

ここからが長かったんですよね。

相談コーナーにたどり着くまでは30ほどかかったんですけど、パソコンコーナーにたどり着くまでは2時間ほどだった気がします。疲れてあんまり覚えてない。

後ろに並んだおばさんのため息は50回ほど聞きました。

待ちにまってパソコンコーナーで到着すると、後は画面の指示に従って入力していくだけでした。画面は使いづらいですけど…

分からなかったら職員さんが教えてくれるのですんなり完成。

これは1回、家に帰って確定申告ソフトで作り直したほうが早かった…

並ぶところからパソコンでの申告書作成コーナーまで立ちぱなしの3時間でした。

職員さんもみんな立ちっぱなし。大変そうです…

確定申告ソフトを使っていて、相談コーナーでミスが発覚したら

・税務署の作成コーナーを使わず

・確定申告ソフトで再作成して

・再度提出

する方が全然早かったと思います。

申告書、ミスしてやり直したところ

今回ミスしたところは2点

・寄附金控除(ふるさと納税)の金額が2,000円引かれていない

・国民年金基金の掛金が反映されていない

寄附金控除(ふるさと納税)の金額が2,000円引かれていない

ふるさと納税の寄付金は実質2,000円で各市区町村の返礼品がもらえるお得な制度。

この2,000を引いた額を確定申告の書類に書かなきゃいけなかったようです。

いろんな都道府県にふるさと納税して、合計30,000円になった場合、申告書には28,000円と記載するんですね。

そういえば去年、税理士さんに「間違えやすいところ」と教えてくれてました…

国民年金基金の掛金が反映されていない

確かに確定申告ソフト(MFクラウド確定申告)で登録したはずだったんですけど…

原因は「計算」ボタンを押してなかったことでした。

MFクラウド確定申告は、項目を追加したら最後に計算を押さなきゃならないようで。

この項目だけ押し忘れてたみたいです。

ちゃんとボタンを押すと、計算結果が反映されました。

来年はミスのないようにしたいです…