30代ひとり暮らしのミニマリストが一度は捨てたけど買い直したモノ

遮光遮像カーテン

今までいろいろなモノを手放してきました。

”捨てること”自体が気持ちよくて一時期はガチミニマリストみたいになってましたが、中には再購入したモノもあります。

モノを捨てることを決意すると悩むことも多いと思いますが、今はネットで何でも買えるので

  • また購入できるモノは迷ったら捨てる

という考え方がおすすめです。

カーテン

遮光遮像カーテン

カーテンなしで生活したり、レースカーテンのみで生活してました。が、結局ドレープカーテン(厚地のカーテン)までちゃんと書い直しました。

理由は、

  • 人を呼べない
  • 昼間にプロジェクターが見れない

です。

人を呼べない

僕自身はレースカーテンだけとか、カーテンなしでもまあ生活できるんですけど、人を呼んだ時に必ず「カーテンどうしたの?」って聞かれます。

例えば宅飲みする時も、レースカーテンだけだと気になってしまうようです。それが普通の反応なのでしょう。

いくら「いや、このレースカーテンは遮光・遮像だから外から見えないよ!」と言ってもあまり納得してもらえません。

昼間にプロジェクターが見れない

僕はプロジェクターで映画を見るのが好きです。

部屋の広さにもよりますが、大画面で映画が見れるし、音も天井から降ってくるので最高の鑑賞方法だと思います。

休みの日に「今日は昼間からゴロゴロして映画を見たい!」「ドラマを一気見したい!」と意識低いことを思っても部屋が明るいとプロジェクターが機能しません。

部屋を暗くして昼間でもプロジェクターを見れるようにするためにカーテンは必要でした。カーテンは光を通さない遮光カーテンがおすすめです。

>>ダクトレールとプロジェクターですっきり快適なホームシアター

空気清浄加湿器

ダイキン空気清浄加湿器

空気清浄加湿器は大きいので部屋に置くと圧迫感がありますよね。そんなわけで一度は手放しましたが、

  • うさぎの毛が舞うのを防止
  • 健康第一

という理由でまた設置しました。

一応健康のことも考えて再購入しましたが、ペットのうさぎを飼ってなかったら必要性は半分以下に落ちるかなと思います。

うさぎの毛が舞うのを防止

うさぎの毛は軽くて細いので、とにかく舞う。

年に数回ある換毛期では「全部の毛なくなるんじゃないの」と思うほど毛が抜けます。摘んだところがゴッソリ抜け落ちるレベルです。

あちこちに毛が舞い散ってホコリになるし、ケージの掃除は大変だしで困りました。

ケージの隣に空気清浄機を置いて日頃から抜け毛を吸い取ることで、部屋に舞うのを防ぐことができます。

あるのとないのでは大違いです。

健康第一

空気清浄加湿器は空気をきれいにするのは勿論、ベストな状態で湿度を保ってくれます。

肌の乾燥も防いでくれて、風邪の予防にもなる。

もう30代中盤なので最近は特に健康を意識するようになってきました。簡単にできる健康対策ということで空気清浄加湿器はありかなと思います。

ただし水を入れるのが面倒くさいですけど。モノが増えると家事が増えるなと改めて思います。今は上から給水できる加湿器や空気清浄加湿器があるので、壊れたらそちらを買いたい。

テーブル

「別に床でいいや」と思って捨てたテーブルは

  • 姿勢が悪くなる
  • テレワークで作業効率が落ちる

という理由で買い直しました。

姿勢が悪くなる

床にシートだけ敷いてご飯を食べる。ミニマリストっぽくていいかなと思ったけど、猫背で姿勢が悪くなります。

以前はほぼ外食だったので問題なかったかもしれないけど、今は自炊で家にいる時間が長くなったので地味にダメージが蓄積されることに。。。

テレワークで作業効率が落ちる

完全にテレワーク(リモートワーク)で仕事することになったのですが、やっぱりちゃんとしたテーブルがないと作業効率が落ちますね。

最初は折り畳みのベッドの上でも使えるようなテーブルを使ってましたが、横幅がないのでデュアルディスプレイも使えませんでした。

ミニマリズムは「モノを減らせば減らすほどエラい!」ということではなくて、自分の適量が大切だと思っています。もっというとミニマリズムは単なる「選択と集中」のための手段だと思ってるので、仕事の効率が落ちるのは大問題です。(特に自営業者は)

せっかくなので自分の使いやすいサイズ感でDIYしました。>>在宅ワーク用に杉無垢ボードでPCデスクをDIYしたらめちゃくちゃ良いのできた

DIYテーブルは多少汚れても傷がついても味になって気に入ってます。簡単に脚を取り外せるように作ったんですけど、引越しの時に大活躍しました。

カーペット

東レタイルカーペット
カットパイルのカーペットはペットに優しい

僕の部屋にはタイルカーペットを敷き詰めてます。

床が冷たければ靴下を履くとかエアコンをつければいいとか思ってますけど、

  • ペットのうさぎのため

買い直しました。

うさぎはフローリングだと上手く走れない

うさぎは肉球がなくて、足の裏は毛があるだけです。なのでフローリングだと滑って上手く歩けない。

部屋にカーペットを敷いたところ、元気に走り回ったり飛び跳ねたりして楽しそうです。

僕の部屋はうさぎがかじる心配があるケーブルも表に出してないので、ほとんどうさぎの運動場になってます。うさぎの運動場にお邪魔させてもらってる感覚。

カーペットは全部集めると重くて引越しダンボールも3箱ぐらい使いましたけど、持ってて良かったと思います。

カーペットの種類には、毛先をカットしてそろえたカットパイルとタオルの毛のようにループ状にしたループパイルがあります。ループパイルだとペットの爪に引っかかって危ないので、少し高いけどカットパイルのカーペットを選びました。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ミニマリストとペットは相性がいい

適量しかモノを持たないミニマリストとペットは相性がいいです。特にうさぎは。

うさぎは何でもかじる習性があります。特に大好物なのは家電のケーブル。

家電の電源コードは表面のゴムが柔らかくてかじりやすいのでしょう。

モノをかじるのはうさぎの習性(しつけで解決しない)なので、こちらが合わせるしかありません。

モノが少なくて床がすっきりしている部屋だとうさぎを安心して部屋んぽ(部屋の中で散歩させること)できます。

床に何もない面積が多いので、運動場みたいに遊びまわってくれて、見てるだけで楽しいです。

また買えるモノは迷ったら捨てていい

一度は捨てたものの、再度購入したモノは、

  • カーテン
  • 空気清浄加湿器
  • テーブル
  • カーペット

です。

基本的に後からまた買えるモノは迷ったら捨てていいです。

そもそも「これ捨てようかな」と悩んでる時点で捨てて問題なし。

逆に思い出の品や限定品など、もう2度と買えないモノを捨てる時は慎重にしないと後悔するかもしれないので慎重に考えたほうがいいです。