【ワンタッチ】USキーボードの日本語入力をCapsLockキーに設定すると便利【MacBook】

Mac Book USキーボード

MacBookはUS配列のキーボードが好きです。

ひらがなの刻印がないので、シンプルで美しくMacのデザインとよくマッチします。

カッコなどの記号が隣り合わせなのも(特にプログラミングに)便利で使いやすいです。

ところがUS配列のキーボードには

  • 英数字入力に切り替える『英数』キーと
  • 日本語入力に切り替える『かな』キーがない

のはちょっと不便なところですね。

日本語切り替えしにくいUSキーボードでも

  • 『Caps lock』キーのON・OFFで日本語入力

が切り替えできるようになりますよ!

『Caps Lock』キーで日本語切り替えを設定する

Macキーボード設定

設定方法は

  1. Macディスプレイの左上の「りんごマーク」から「システム環境設定」を開き
  2. 「キーボード」の「入力ソース」を選択
  3. 「Caps Lockの動作」を「オフの時英字を入力」に変更する

結構簡単にできました!

これで「Caps Lock」キーで日本語入力の切り替えが出来るようになります。

使いやすくて便利

MacBookUSキーボード

使ってみるとなかなか便利ですよ!

  • ランプが光るので分かりやすい
  • 全く使わない『Caps lock』キーに使い道ができる!

特にキーボードのライトでオンオフが分かるのが良い感じです!

今まで全く使ってこなかった『Caps lock』キーも喜んでますよ。

ただし時々この方法で切り替えできないんですよね…。

ダウンロードするファイルの名前変更の時など。

そんな時は諦めて通常の方法『 Control + スペース』を使いましょう。

『⌘英かな』アプリを使えば左右のコマンドキーで変更できる

無料のアプリ『⌘英かな』を使えば、左右のCommandキーをそのまま「英数」「かな」に割り当てることもできます。

こっちの方が日本語キーボードのMacっぽくて使いやすいかも?

公式HPからアプリをインストールするだけて使えます。

>>⌘英かな公式HP