映画『メッセージ』のエイリアン文字

Amazonプライムビデオの100円レンタルで映画『メッセージ』を観ました。

エイリアンを乗せた飛行物体が突然地球にやってきた的なSF映画ですが

銃撃戦やアクションはなく、巨大なタコ型のエイリアン(ヘプタポッド)と意思疎通を図るという珍しい映画でした。

ヘプタポッドたちは、触手の先(指先?)から墨のようなものを出して空中に文字を描きます。

それを主人公の言語学者(ルイーズ)たちが解析するわけですが、このエイリアンの表語文字(ヘプタポッド文字)が筆で丸を書いたようでかっこよかったです。

このヘプタポッド文字は実在するプログラミング言語「Wolfram言語(ウルフラム言語)」によって解析され、解析手法は実際の映画のシーンにも登場しています。

ヘプタポッド文字を解析するソースコードが公開されている

ヘプタポッド文字を解析するウルフラム言語のソースコードはインターネット上に公開されていて、ここで色々なヘプタポッド文字が確認できますよ。

https://github.com/WolframResearch/Arrival-Movie-Live-Coding/tree/master/ScriptLogoJpegs

例えばこんなものがあります

ヘプタポッド文字:Walk
Walk

ヘプタポッド文字:Earth
Earth
ヘプタポッド文字:LouiseHasWeapon
LouiseHasWeapon

映画でちょろっと出てくる解析プログラムをここまで作り込んでいるのは凄いですね。